『もし、1999年8月の時点で、俺がこの世にいなかったら、
ある言葉をネット上に出しておいてほしい』

由島はなぜこのゲームを遺して、世を去ったのか?
ある作家の遺作そのものをプレーするアドベンチャーゲーム

その内容は 1998年のあるゲーム会社における一連の事件を記したものだった。
当事者の日誌など当時のサイト群は現在でも残っており、
それらからも情報を得て進める特殊なゲーム構成となっている。

GooglePlay Android版『ANGEL WHISPER』前編

後編がリリースされました。
GooglePlay Android版『ANGEL WHISPER』後編
・今後の制作継続のため、プレー後にレビュー記載での応援をお願いします。
・現在は後編のレビューは若干のネタバレはOKで運用していますのでご注意ください。
・開発者への質問はPCから返信になるので、PCメール受信可能でないと届きません。
・質問が多い箇所はFAQにまとめていきます。
ゲーム情報掲示板もご覧ください

第一作『人形の傷跡』 第三作『緋染めの雪』がリリース中 公式サイトより




■参考資料
由島の日記 (別サイトに実在したものを移動)

登場人物

『諸世紀』より、二つの予言詩

■Credit
photocredit 写真素材に協力いただいた方
・GameEngine部分は enchant.js を使用しています。
・Android移植技術に phonegap を使用しています。


■開発情報 (9月16日更新)
・一部機種でBGMが鳴らない不具合は修正されました。

・更新予定は制作ブログよりご覧ください。Twitterも開始しました。
・ご連絡は
ゲーム情報掲示板 フォームよりお待ちしています。


(C)Child-Dream | プライバシーポリシー